よっしーの徒然なるままに

気づいたこと、思ったことなどを気ままに書きます

人生はクソゲーだと思っている人へ。『人生ドラクエ化マニュアル』を読んで人生を面白くしようじゃないか。

人生<<<ゲームになっている人へ。

 

こんにちは、よっしーです。

 

突然ですが、人生はクソゲーだと思ったことありませんか?正直いって僕はあります。理不尽につぐ理不尽。ゲームみたいにリセットすることもできない。何度人生をやり直したいと思ったことか・・・。

 

 

そんな僕がある日エンカウントした本がJUNZO著『人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -』です。

 

 

本書を読んでこれまで人生はクソゲーだと思っていた僕の世界観がガラリと変わりました。

 

 

具体的には「もしかして人生って考え方次第ではめちゃくちゃ面白い良ゲーになるのでは?」と思うようになりました。我ながら単純ですね(笑)

 

ゲームの三大要素は「目的・ルール・敵」

人生をゲーム化するにあたって、著者はゲームの三大要素として

  • 目的
  • ルール

を挙げています。これらを人生に取り入れることで人生をゲーム化しようというのが本書の目的です。

 

思わず動きたくなるゲーム目的を設定する

まずは目的がないと何も始まりません。それもただの目的ではなく思わず動きたくなるようなゲーム目的を設定することが重要です。なぜならいくら目標を立てても具体的に行動に移せなければ無意味だから。

 

 

僕はこれまでこの「ワクワクドキドキするような目的を設定する」という視点が欠けていました。目的もなくただ無為に日々を過ごしていただけ。これじゃ人生をクソゲーだと勘違いしても仕方ないですよね。

 

 

ちなみに人生におけるゲーム目的は一般のゲームと違って何度も設定可。人生をリセットすることはできませんが、目標は何回でも変えることができます。

 

ゲーム目的を設定すれば自動的に敵が生成される

ここが一般のゲームと違うところで、人生における敵(障害)はゲーム目的を設定することで自動的に生成されます。

 

 

敵というとなんかイヤな感じがしますよね。ここで重要となるのが以下の考え方です。

 

人生をゲームとして楽しむ為には、   敵(障害)と遭遇した時、 それを(ドラクエの敵と遭遇した時と同様に) マイナスと捉えず、   人生での敵(障害) =自分の人生ゲームを面白くしてくれる存在 =格闘する事により経験を積ませてくれる存在 =倒しがいのあるモンスター =攻略法を考えるのが楽しいパズル   と捉え、その攻略を楽しみながら敵との闘い(もしくは敵を味方(仲間)に変える事)を楽しめばいいという事なのだ

 

これまで避けがちな対象だった敵(障害)も、見方を変えることで倒しがいのある相手に変わることは目からウロコでした。

 

人生におけるルールは設定されていない

一般のゲームであればルールが設定されていますが、人生という名のゲームには決められたルールというものがありません。なので人生におけるルールは自分で見つけていく必要があります。

 

 

ただし経験則からわかるルールもあって、

  • 自由度が高い(選択コマンドが無数にある)
  • 敵は勝っても負けても経験値が入る
  • シナリオは偶然に左右される
  • 死ねば強制的にゲームオーバー(逆に死ぬこと以外はゲームオーバーではないという見方もできる)

などがあります。

 

まとめ

  • ゲームの三大要素は目的・ルール・敵
  • まずは思わず動きたくなるような人生の目的を設定しよう
  • 敵は目標を設定すれば自動的に現れる
  • 人生におけるルールは設定されていない。ただし経験則からわかるルールもある

『人生ドラクエ化マニュアル』いかがでしたでしょうか。

 

 

もし気になったという方がいましたら本書を読んで一緒に冒険に出かけましょう!